歯並びを矯正歯科で治療しましょう【第一印象歯で良くし隊】

子どもが受ける治療

医療器具1種

歯並びと噛み合わせが悪いことを、不正咬合というのですが、これにはいくつかの種類があります。
まずは上顎前突という、上の前歯が全体的に突き出ている、いわゆる出っ歯の状態です。
それに対して、下の前歯が突き出ている、いわゆる受け口の状態のことを、下顎前突といいます。
また、口を閉じても上下の歯がうまく閉じずに隙間ができてしまう状態を開咬、さらに歯の1本1本の向きがバラバラになっている状態を叢生といいます。
この他にも、隣り合う歯との隙間が開いていたり、歯と歯が重なって生えていたりと、不正咬合には色々とあります。
こういった不正咬合は、全て矯正歯科での治療により改善することができます。
また、不正咬合だけでなくそれによって生じる不便さや顎関節症などに関する悩みも、まとめて改善されるのです。

矯正歯科での治療は、早い時期におこなう方が良いとされています。
なぜなら成長するにつれて、顎の骨が丈夫になり、その分矯正治療に時間がかかるようになるからです。
顎の骨がまだ柔らかいうちなら、比較的短期間で治療は終わります。
不正咬合が乳歯で起こっている場合には、いずれ永久歯に生え変わるのだからと矯正をしない人もいるのですが、乳歯のうちに治療しておくことは非常に重要です。
なぜなら乳歯で不正咬合が起こっていると、その後から生えてくる永久歯でも不正咬合となる可能性が高いからです。
また、不正咬合だと食べかすが付着しやすく、それによって虫歯菌が口腔内に住み着いてしまうリスクが高いです。
そして乳歯の時に住み着いた虫歯菌は、永久歯にも影響をもたらすのです。
しかし乳歯のうちに治療をしておけば、これらのリスクはかなり少なくなります。
子供のうちに矯正歯科に通う人が多いのはそのためです。